“宝塚をシャンソンのまちに!”を合言葉に活動している「宝塚シャンソン化計画」のスタッフが、音楽、アートにまつわるもろもろを、思いつくままにつづります。


MENU



最新記事



Comments...

openclose



プロフィール

TKZchanson

Author:TKZchanson
日本でいちばんシャンソンが似合うまち-宝塚ならではの、音楽イベント企画を中心に活動しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スタッフMの営業日誌(11) 番外篇 村上三郎展
11/12、超弾丸特急営業ツアーを終えての帰り道。
最終電車の車内で知ったお顔を見つけまして…。

あ、その前に、ちょっと前置きですが、
この日、最初におじゃました「新聞女」さんのバーで、
「具体」美術の話などを、色々としていたワケですよ。
彼女の師匠が「具体」の嶋本昭三さんなのでね。

で、最近亡くなられた元永定正さんの話とかの流れで、
紙破りのパフォーマンスで有名な村上三郎さんの話になって。
ボクが、昔一度、おでん屋さんで隣り合わせたときに、
村上さんにお酒おごってもらったんですよぉ(^_^)、
わぁ、それいいですねぇ、
なんて話をしていたその帰りの終電車だと思ってくださいね。(前置きが長すぎ!)

最寄り駅に着いて、さあ電車を降りようとしたとき、
あれ、知ったお顔が?と思ったら、村上三郎さんの息子さんじゃないですか!!

で、その彼が、そうそう、折角なんでコレ渡しとくわ、と言って
おもむろに取り出したのが、村上三郎さんの回顧展の案内状!
ちょうど、この日が初日だったそうで。いやぁ、なんという偶然! 

最後の最後まで、どっぷりと酒とアートにひたった気分の、
濃すぎる1日でありました。
おつきあいいただいたsalaちゃん、どうもありがとう!

RIMG0008.jpg

RIMG0004.jpg
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


コメント
ほんと偶然
でしたね。
普段は最終乗り換えに間に合わなくなるので、あの2〜3本前のに、たいてい乗ってます(笑)。

案内状は送ろうと思って宛名書いてまだ出せてなかったので、ちょうどよかった。映画祭初日に会ったときも、持って歩くのを忘れてたのだ。

今回の展覧会、70年代の個展の資料による検証の部分がやたら面白いので、お時間ありましたらぜひどうぞ。
日曜祝日休みというのがネックなんだけどね。
[2011/11/16 10:23] URL | GYA #- [ 編集 ]

濃厚な1日でした!
ホントに濃くて楽しい1日でしたが、
最後の最後にGYAさんにお会いするとは!

えーっ!
あのギャラリー平日しか開いてないんですか?
う~ん…、がんばります!
[2011/11/16 21:08] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。